転職体験談

40代ワーママの転職体験談、キャリアを生かしてパートから正社員へ

「40代子持ちだけど、転職ってできるのかな?」

「40過ぎると転職は厳しいって聞くので辞めるのをためらっている」

「実際に転職した人っているの?」

そんな声にお答えする体験談をご紹介いたします。

ライター くみまる

・昭和50年生まれの東京都在住45歳

・10歳の男の子のママ

・訪問介護のパートから介護職の正社員へ転職

結論をいうと、40代ワーママでも転職は可能です。

ただし、やみくもに応募しても書類選考で弾かれてしまうのもまた事実。

40代ママの転職は、ぜひ以下の点を参考にしてみてください。

ここがポイント!

・同一業種への転職で経験を活かす

・資格取得やキャリアアップする意欲を伝える

・部署替えとなっても対応できることをアピール

この体験談を最後までお読みいただければ、あなたも幸せなキャリア探しのヒントが見つかりますよ。

人生100年時代。やらないで後悔より、周りから「厳しい」と言われてもまずは飛び込んでみましょうよ。

40代ワーママの転職体験談、転職したいと思った理由

私は専門学校を卒業後、都内の病院で医療事務をしていました。

その後、長男の妊娠と共に退職。

2年前まで子育てをしながら訪問介護事業所でパートの仕事をしていました。

訪問介護は基本1件いくらの報酬制になっています。

移動時間がロスになりやすく、また利用者さんからの急なキャンセルでは給与が減ってしまうので安定性がないことが悩みでした。

拘束時間の割に給与がいまひとつ

子育ての合間に行う仕事としては良かったのですが、子供が成長するにつれ仕事量も増やしていきたいと感じました。

教育費もかかるし、主人の稼ぎだけでは老後のことも心配ですからね。

拘束時間の割には給与がいまひとつだと感じ、月給で働ける正社員を目指したいと思いました。

40代ワーママの転職、実際に使った転職サイト

リクナビnextやエン転職で介護の仕事の情報を探しました。

介護専門求人サイトは仲介が入ることが多いので、ゆっくり自分のペースで探したかったため、見て自分で応募する転職サイトを利用しました。

両方とも介護職の求人が多く、条件などでの検索も細かくできます。

気になる求人があったら登録して応募すればよいので、気楽に利用できました。

40代ワーママの転職体験談、志望理由の語り方

同一業界でスキルを活かす

私の場合は同じ業界、職種での転職となります。

40代で未経験の業界に飛び込むのは、さすがに難しいと感じました。

一方で、同じ業界や職種を狙うのであれば、採用側も即戦力としてみていただけます

今まで訪問介護の仕事をしてきて、利用者さんの生活そのものに寄り添う訪問介護の仕事が好きで、やりがいを感じていることを伝えました。

資格取得への熱意をアピール

また正社員になれたら国家資格の介護福祉士の資格を取ることにもチャレンジしたいとやる気をアピールしました。

また面接時の志望理由としてはあえて高尚な理由にはしませんでした。

正直に「子育てがひと段落ついたので、正社員として安定して働きたい」ということを伝えました。

40代ワーママの転職、面接でよく聞かれた質問

転職活動でよく聞かれた質問と、どのように回答したかもお伝えします。

パート時代と同じ職場で正社員になろうと思わないのか?

Q.パートでも長く仕事をしていた今の訪問介護事業所で正社員になろうと考えなかったのか?

A.「今の事業所は家族経営で小さく行っている事業所になります。

正社員にしてくれるという話があったこともあるのですが、実際に仕事をしていて、規模が小さいことで替わりがきかないと感じました。

正社員だと残業がどうしても多くなるため、子育てしながらは無理だと思いました。」

と、かなり正直にお話しました。

部署替えがあった時に対応できるか?

Q.当事業所は訪問介護の他にもデイサービス事業もやっているので、数年後に部署替えがあった場合対応できるかどうか?

A.「デイサービスは未経験なので即戦力になる自信はありませんが、勤務体制が大きく変わらなければ受けさせていただきたいです。」

事業の変化にも対応できる人材であるか? が問われていると思います。

こちらも正直にお話しつつ熱意もさりげなくアピールできるように回答しました。

資格取得への熱意

Q.介護福祉士を目指したいとあるが(履歴書で)いつまでになど具体的なプランはあるか?

A.「受験資格はあるので、もし正社員として働くことができたのち、少し落ち着いたらチャレンジしたいです。

通信教育などで勉強することも考えています。

来年の受験には間に合わないと思いますが、年齢的にも40代のうちに取れたら良いなと思っています。」

保有していない資格であっても、実際に受験予定であれば履歴書に記載するべきです。

資格欄の一番最後に「〇〇(資格名)の取得に向け勉強中」と書いておけば熱意をPRできます。

40代ワーママが正社員へ転職してよかったこと

給与が安定した

月給なので給与が安定したことが一番良かったです。

給与が安定することで、急なキャンセルなどがあっても手取り収入が変動しません。

より仕事に真摯に向き合おうという余裕が生まれたように思います。

残業時間なしで帰宅できる

転職先は介護業界としては中堅で訪問介護だけでも多く展開している事業所なので、正社員でも最初から固定勤務を希望できました。

私は8時半~17時までの固定でよほどのことがないかぎり残業はしていません。

パートのときよりも急に頼まれる残業は減ったので家庭との両立も問題なくできています。

資格取得費用を企業が負担してくれる

面接でもいった通り、介護福祉士になるためのサポートがあるので、通信教育を始めました。

なんと、その費用を会社が負担してくれています。

多少プレッシャーは感じますが、勉強に熱が入るので意欲が増しました。

40代ワーママでも転職できる、まとめ

介護業界は慢性的な人手不足なので応募側の要望が通ることが多いです。

土日は仕事ができない、17時で帰りたい…など子育てと両立するための条件がいくつもあったとしても、対応してくれる会社は多くあります。

保育園のお子さんがいて、16時上りの方もいます。

私も正社員になってみて、もっと子どもが小さくても大丈夫だったかもしれないと思うくらいです。

もし正社員を目指す方がいれば、ぜひ挑戦してみてほしいです。